/

福岡市、3回目ワクチン接種などに508億円 12月補正案

福岡市は9日、一般会計で508億円の2021年度12月補正予算案を発表した。新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に関する費用や、国の子育て世帯への臨時特別給付金をはじめとした経済対策関連の費用などを計上した。補正後の一般会計総額は1兆1340億円となる。

16日に開会する市議会に提出する。新型コロナ対策でワクチン接種の実施に必要な費用や、検査・入院医療費の公費負担などに100億円を計上した。コロナ禍で打撃を受けた事業者への支援対策で、プレミアム付き商品券などの事業に10億円盛り込んだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン