/

この記事は会員限定です

長崎市で路線バス 共同経営へ、長崎自動車と長崎県交通局

[有料会員限定]

長崎市内で路線バスを運行する長崎自動車と長崎県交通局は9日、バスの共同経営を検討すると発表した。20年に施行された独占禁止法の特例で、バス事業者の共同経営が可能になったことから、同日連携協定を結んだ。早ければ2022年4月にも共同でサービスを始める。利用客数の減少で経営が厳しくなるなか、運行などを分担し、路線維持を目指す。

長崎自動車は「長崎バス」、交通局は「長崎県営バス」を市内で運営しているが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン