/

この記事は会員限定です

和食「ひなかの」 福岡で堪能、新鮮な五島の幸

九州味めぐり

[有料会員限定]

長崎・五島列島近海の荒波でもまれ身が引き締まった鮮魚、潮風を浴びた自然の牧草を食べて育った軟らかい肉質の五島牛――。五島直送の新鮮な食材や郷土料理を福岡市中心部の薬院で味わえる、それが和食「ひなかの」だ。2017年に五島出身の専務、山田和孝さんら4人で開業した。

山田さんらの顔なじみである島の農家や漁師から、コメや肉、鮮魚などを直接仕入れる。「通常、福岡市への鮮魚の配送は水揚げから中2日かかるが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン