/

この記事は会員限定です

熊本市、21年度予算案は2.7%増3750億円 

[有料会員限定]

熊本市は12日、一般会計で2020年度比2.7%増の3750億円となる21年度予算案を発表した。新型コロナウイルス対策をはじめ、大西一史市長が掲げる「上質な生活都市」の実現にむけた事業に重点を置いた。

コロナ関連は88億円を計上する。ワクチン接種の関連経費に20億円、クラスターを防止するため高齢者施設の従事者にPCR検査を実施する経費として11億円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン