/

この記事は会員限定です

長崎IR、資金確保懸念の声根強く 収益計画過大の指摘も

[有料会員限定]

長崎県は4月下旬、ハウステンボス(同県佐世保市)を予定地とするカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の区域整備計画を国に提出した。県などは人口減対策や新型コロナウイルス禍で疲弊する観光産業の再生への起爆剤として、認定を期待する。一方で計画の実現性や効果への懸念は根強いものがある。

整備計画では約32ヘクタールの敷地にカジノ施設のほか、国際会議・展示場やホテル、ショッピングモールなどを設ける。資金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン