/

この記事は会員限定です

変わる長崎県都 相次ぐ大型開発、人口流出抑制目指す

長崎再興 課題先進県の挑戦

[有料会員限定]

「ジャパネットホールディングス(HD)が長崎市で進めるスタジアム構想の効果を最大化するため、官民連携組織を近く立ち上げたい」。長崎県の中村法道知事は2月、記者会見でこう表明した。県は同構想を「若者の県外流出抑制の切り札の一つ」(幹部)と位置づけていることから設置を決めた。

通販大手のジャパネットHD(同県佐世保市)が進めるスタジアム構想はサッカースタジアムを軸に、5000人以上収容できるアリーナ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン