/

この記事は会員限定です

沖縄県、6次振興計画決定へ SDGs推進柱に339施策

[有料会員限定]

沖縄県は2022年度から10年間の重点政策を示す第6次の「沖縄振興計画」を15日にも決定する。SDGs(持続可能な開発目標)を柱に据え、再生可能エネルギーの導入や子どもの貧困対策など339施策を盛り込む。ただ成果を測る指標や必要な予算額は曖昧で、どこまで投資効果を高められるかは見通せない。

6次計画は施策の概念に「環境」を加えたのが特徴だ。新型コロナウイルス禍での産業構造の変化を踏まえ、SDGs...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

沖縄復帰50年

1972年の沖縄の本土復帰から半世紀。基地問題や観光振興など、これまでの歩みと未来への取り組みを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン