/

宮崎県、独自の緊急事態宣言 「まん延防止」要請も調整

宮崎県で9日、36人の新型コロナウイルス感染が確認された。発表の内訳は宮崎市34人、県2人。県内の感染者は計2555人となった。県は宮崎市を中心に感染が拡大しているとして、県内全域に独自の緊急事態宣言発令を決めた。期間は10~31日。不要不急の外出自粛を要請し、来県自粛も呼び掛ける。

県は政府に「まん延防止等重点措置」適用要請でも調整している。河野俊嗣知事は記者会見で「宮崎市の感染者拡大と隣県での急増が、さらなる爆発的な感染につながりかねない」と説明した。

県によると、8日までの直近1週間の感染者数は、人口10万人当たり26.7人で、ステージ4(爆発的感染拡大)の目安「25人」を超えている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン