/

この記事は会員限定です

佐賀・玄海町、原子力災害のBCP未策定 被害想定多岐で

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

九州・沖縄で業務継続計画(BCP)が策定済みの市町村は、2020年6月時点で94.5%だった。国が定める「重要6要素」を満たす自治体の割合は42.0%と、ブロック別で東海に次いで高かった。地震や豪雨災害といった分野では備えが進んでいる自治体が多い一方、原子力災害では様々な被害想定が必要になるなどで策定できていない自治体も出ている。

BCPの策定にあたり、多くの自治体が想定する災害は地震などだ。太...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン