/

この記事は会員限定です

地震保険に非公表の損害判定基準 損保業界内だけで共有

[有料会員限定]

地震による住宅の損傷を補償する地震保険に、契約者に公表されていない「損害判定基準」が存在していることが分かった。基準は日本損害保険協会が作成した査定指針の中で示されており、損保業界内では共有されているが、一般には公表されていない。専門家は「恣意的な判定を防ぐため、契約者に基準の内容を伝えるべきだ」と指摘している。

地震保険は物件の損害を保険会社や鑑定人が判定し「全損」「半損」「一部損」などの区分に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン