/

この記事は会員限定です

九州の鉄道・バス、AIやMaaSで便利に

九州・沖縄経済特集②

[有料会員限定]

九州・沖縄は福岡市や那覇市など一部の都市中心部を除き、人口減が急速に進む。公共交通の利用客が減った地域では、鉄道やバスが連携して交通網を維持する動きが出ている。人工知能(AI)を活用したオンデマンドバスや、スマートフォンで最適なルートを提示してスムーズな移動ができるようにするなど、デジタル技術の導入も広がる。

JR九州と西日本鉄道は2019年に輸送サービスの利便性向上で連携する覚書を交わした。九州の旅客輸送...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2235文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン