/

西日本シティ銀行、糸島市と創業支援などで包括連携協定

西日本シティ銀行は8日、福岡県糸島市と創業支援などで連携・協力する包括連携協定を結んだと発表した。銀行の創業支援ノウハウや取引先とのビジネスマッチング支援の仕組みを活用し、起業を後押しする。会見した村上英之頭取は「糸島市は世界的に注目を集める魅力の多い地域。地域産業に貢献し、共に成長する」とした。

同市は九州大学発ベンチャーなどを集積する「糸島サイエンス・ヴィレッジ構想」を掲げている。月形祐二市長は「銀行のシステムを生かし、多くの大学発ベンチャーの実現につなげたい」とした。

観光振興や移住・定住支援など地方創生でも連携する。糸島支店の展示スペースを活用して市内産業などをアピールするほか、他支店に移住などに関するパンフレットを設置する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン