/

この記事は会員限定です

下水汚泥を燃料に 福岡市、6400世帯分のCO2排出削減

[有料会員限定]

下水汚泥を石炭に代わる燃料にーー。福岡市は下水処理時に発生する汚泥から固形燃料を作り出す事業を始めた。44億円を投じ、同市西区にある西部水処理センターに燃料製造施設を整備した。石炭を燃料にしているセメント工場などで固形燃料を混ぜて使うことで石炭の使用量を減らし、年間1万1000トンの二酸化炭素(CO2)排出削減効果を得られるようにする。

冷たい雨が降り続く2月1日午後、1台のトラックが福岡県内のセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン