/

AIカメラでマスク着用呼びかけ 福岡の地下鉄で実験

九州電力はAI(人工知能)カメラでマスク着用の有無などを分析する実証実験を福岡市で始めた。福岡市地下鉄の天神南駅改札口にカメラを設置し、マスクを着用していない人を検知すると、着用を促すアナウンスを自動で流す。新型コロナウイルス禍における新たな生活様式の定着を先端技術で後押しする。

AIカメラ(左上)がマスク未着用者を検知すると、着用を呼びかける(実験の実演、福岡市)

先端技術実装を支援する福岡市の助成事業として27日まで実施する。システム開発はオプティムが担った。物体検知や画像分類を同時にできるAIシステムを使い、低コストで設置できる。

実験で使うAIカメラ(福岡市)

画像を使い、駅の利用者数や混雑状況も分析する。実験に使った画像はデータに加工処理後すぐ削除し、プライバシーに配慮する。九電や福岡市は実験を通じて費用対効果を見極め、実際の導入が可能か検証する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン