/

沖縄県知事に玉城デニー氏再選 「辺野古」巡り国と対立

(更新)

沖縄県知事選は11日投開票され、無所属で現職の玉城デニー氏(62)=立民、共産、れいわ、社民、沖縄社大推薦=が、いずれも無所属新人で元宜野湾市長の佐喜真淳氏(58)=自民、公明推薦=と元衆院議員の下地幹郎氏(61)を破り再選を決めた。投票率は57.92%と前回を5.32ポイント下回った。

争点となった米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、玉城氏は移設反対の国政野党から支援を受けた。玉城氏は11日夜、那覇市内で記者団に「これからも1ミリもぶれることなく基地問題の解決を図り、政府に解決を求めていく」と強調。辺野古移設は「ただちにやめるべきだ」と改めて訴えた。

新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済については「回復から成長に向けて必ず施策を前進させ、経済を循環させていくための振興発展を進めたい」と語った。

佐喜真氏は「私の力不足。日増しに反応も良くなり政策が評価されているかと思ったが、結果的には大きく差があると思った」と記者団に述べた。

選挙戦は辺野古移設反対を掲げる玉城氏と、容認の立場をとる佐喜真氏の対決が軸となった。玉城氏の再選で、辺野古移設を巡る政府と沖縄県の対立は続く見通しだ。防衛省が2020年に県に提出した軟弱地盤改良のための設計変更申請に関し、県は承認しない方針を決め工事の進捗が遅れている。

県による不承認の扱いを巡る国と県の訴訟も相次ぎ、工事の先行きは不透明になっている。移設完了時期は県の設計変更承認から12年ほどを見込み、現時点では早くても30年代半ば以降になる見通しだ。

国政野党が支援する辺野古移設反対派の知事当選は14年の翁長雄志氏以来、3期連続となる。

たまき・でにー=81年(昭56年)上智社会福祉専門学校卒。沖縄市議、衆院議員を経て18年沖縄県知事。沖縄県出身、62歳。
ニューズレター

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン