/

この記事は会員限定です

九電、電化機器のサブスクエリア拡大 将来は全九州に

[有料会員限定]

九州電力は2021年度中にも、エコキュート(電気給湯器)やIHクッキングヒーター(電磁調理器)の家庭向けサブスクリプション(定額制)提供エリアを広げる。20年8月から福岡市や福岡県久留米市などで提供しているが、まずは同県北部に広げ、将来は九州全体への展開を検討する。政府が実現を目指す50年の「カーボンニュートラル」を追い風に、家庭での「オール電化」を加速させる。

「九電スマートリース」はエコキュートやIH...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン