/

この記事は会員限定です

福岡・博多の「春月庵」 博多うどん、中世の味再現

九州味めぐり

[有料会員限定]

博多のうどんといえば「唇で切れる」といわれるほどの麺の軟らかさで知られるが、福岡市博多区の「春月庵」はひと味違う。13世紀当時の製粉技術を再現した「中世博多うどん」は、軟らかい中にもしっかりとコシがあり、素朴な味わいが特徴だ。

うどんの歴史をひもとくと、発祥は博多という説がある。1242年に承天寺(同区)を開山した高僧、聖一国師が、中国・宋から「水磨」と呼ばれる水車を使った製粉技術を持ち帰り、それ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン