/

この記事は会員限定です

都市デザイン事業を育成 FCホールディングス福島社長

九州・沖縄 戦略トップに聞く

[有料会員限定]

FCホールディングスは福山コンサルタント(福岡市)を中核会社とし、道路や鉄路、橋などの建設コンサルティングを中心に展開している。災害対策で公共事業の需要は旺盛だが、環境保全につながる都市デザインやIT(情報技術)・データの活用など新領域も開拓している。福島宏治社長に狙いを聞いた。

――建設コンサルティングとはどのような仕事ですか。

「限られた予算の中で、公共事業の効果を最大化することだ。例えば、ある高速道路のバイパス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン