/

ジェンダーギャップ指数、沖縄首位・九州は9位 九経連

九州経済連合会は男女平等の度合いを示すジェンダーギャップ指数の国内地域版の算出を始めた。全国11地域のうち沖縄の指数が0.659で首位となり、九州は0.641で9位だった。九州は教育、健康、政治の評価が低かったという。

世界経済フォーラムが算出するグローバルジェンダーギャップ指数の算出方法を参考に、地域ごとに取得可能な賃金や管理職、進学率、議員などの男女比率といった4分野15項目をもとに算定した。基本的に指数が「1」に近いほど、完全平等に近づく。九経連では個別企業のジェンダーギャップを測る指数の策定も進めているという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン