/

この記事は会員限定です

高島福岡市長「地方拠点の時代、九州に経済圏構築」

九州・沖縄 展望2021 高島宗一郎・福岡市長

[有料会員限定]

――2020年は地方自治体トップの発信力が大きく問われました。

「自分の地域の首長がどんな人物かで、自分の生活がいかに変わるかを多くの国民が実感したのではないか。新型コロナウイルスは重症化リスクの低い若者と高い高齢者など、立場によって人の意見が大きく異なる。正解がない中で首長は一定の方向性を示さなければならないが、しっかりと旗を掲げるトップと、周囲をうかがって合わせるだけのトップがいたように思う。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン