/

この記事は会員限定です

「琉球大学博物館 風樹館」 沖縄の生物・文化紹介

[有料会員限定]

亜熱帯気候で多数の島からなる沖縄には、独自の進化を遂げた生物が数多くいる。琉球王国の文化も引き継ぎ、独特の文化や風習も多く存在する。琉球大学博物館 風樹館は、同大学の研究者らが教育や研究活動の一環として収集してきた約17万点の標本や資料を収蔵しており、その中から代表的な約3500点を一般に公開している。

一番目を引くのが「結縄(けつじょう)」だ。結縄は文字がなかった時代、縄の結び方によって意思や記...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン