/

この記事は会員限定です

造船から電子部品へ 長崎で進む基幹産業の交代

長崎再興 課題先進県の挑戦

[有料会員限定]

地域経済を支えてきた造船業の競争力低下、九州・沖縄で最も進行が早い人口減少……。全国でも有数の課題先進県とされる長崎県が、転換期を迎えている。基幹産業が交代しつつあるほか、2022年秋の新幹線暫定開業もにらんだ長崎市内での相次ぐ大型再開発、さらにはオープンイノベーションを活用した課題解決の動きも広がる。「長崎再興」に向けた動きを追う。

「船舶の新造事業は22年1月に休止せざるを得ない。250人の希...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン