/

この記事は会員限定です

革新支える九州半導体 ソニーやローム、一斉に増産投資

シリコンアイランドのいま

[有料会員限定]

半導体の域内生産額は縮小したが、九州には依然として競争力をもつ半導体メーカーが点在する。ソニーグループがつくるカメラの画像センサーが代表例で、ローム三菱電機は家電などの消費電力を減らす省エネ半導体をてがける。ソニーは2022年、前年に稼働した新棟を増強し、ロームも25年に生産能力を5倍以上に引き上げる。令和の「日の丸半導体」が九州をけん引する。

「この長崎の第5棟は世界最先端の工場。(画像)セ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン