/

タイ国際航空、福岡―バンコク便再開 10月30日から

タイ国際航空は新型コロナウイルスの感染拡大で運休している福岡空港(福岡市)とタイ・バンコクを結ぶ路線を、10月30日から再開すると発表した。運航は約2年7カ月ぶりとなる。観光やビジネスでの需要拡大を見込む。

福岡―バンコク便は毎日1往復する。座席はロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)31席、エコノミークラスが263席とする。

かつて21路線あった福岡空港を発着する国際線はコロナの影響で、一時は1路線のみの運航となっていた。今回の再開を含め、10路線まで戻ることになる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません