/

北九州商議所、電子商品券発行へ 総額24億円

北九州商工会議所は新型コロナウイルス禍で落ち込んだ地元経済を活性化するため、北九州市内の登録店舗で使える電子商品券を発行すると発表した。総額24億円で、同商議所が電子商品券を発行するのは初めて。福岡県と北九州市の予算を使い、購入金額に対して20%のプレミアムをつける。

プレミアム付き電子商品券発行を発表する、北九州商工会議所の田中亮一郎副会頭(北九州市)

電子商品券はスマートフォンの専用アプリから購入する。1口5000円で5万円まで申し込める。申し込みは5月下旬以降と9月下旬以降の2回に分けて受け付ける。

計画を上回る申し込みがある場合は抽選になる。使用できる登録店舗は小売業とサービス業を対象にこれから募るが、同商議所は「2000店舗の登録を目指す」としている。

併せて、市内の飲食店で使える総額24億円のプレミアム付き食事券を発行する計画も明らかにした。福岡県における政府の飲食店支援策「Go To Eat キャンペーン」の終了後、コロナの感染状況をみながら発行時期を決める。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン