/

この記事は会員限定です

佐賀県窯業技術センター、「世界最強素材」で商品化支援

九州・沖縄 拠点を探る

(更新) [有料会員限定]

有田焼をはじめ陶磁器の一大産地である佐賀県で、窯業の進化に不可欠な存在なのが県窯業技術センター(有田町)だ。国内最大級の設備と人員を生かし、新素材などの研究開発に取り組む。陶磁器の出荷額は落ち込むが、事業者がニーズに合った製品を作れるよう技術面で支援し、海外への輸出も手助けしている。

有田焼販売店が軒を連ねるアリタセラ(同)の近くに、県窯業技術センターはある。大学でファインセラミックスを学んだ人な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン