/

福岡県、オミクロン軽症者は宿泊療養に

福岡県は6日、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染者について、無症状や軽症の場合は宿泊療養とすると発表した。これまで全員入院としてきた方針を同日付で改めた。濃厚接触者も宿泊施設での待機から自宅待機へ切り替えた。国の方針転換を受けた措置で、オミクロン型の感染拡大を見据えて病床逼迫となることを回避する狙いだ。

オミクロンの感染者が1日30人見つかった場合に、県がコロナ用に確保している全病床を患者をすぐに受け入れられる「即応病床」に切り替える方針も見直した。感染者の全員入院を前提としていたためで、今後は医療機関などと協議しながら、稼働させる病床数を調整する。宿泊療養者を受け入れる施設については休止中の施設を順次再稼働させる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン