/

イオン九州、3~8月期 最終損益17億円の黒字に

イオン九州が6日発表した2021年3~8月期の決算は、最終損益が17億円の黒字(前年同期は10億円の赤字)となった。20年9月に食品スーパーのマックスバリュ九州と経営統合した効果で、食品の売上比率が向上。新型コロナウイルス下での巣ごもり需要が追い風となり、3~8月期としては5年ぶりに黒字転換した。

売上高にあたる営業収益は前年同期比2.3倍の2399億円だった。22年2月期は営業収益が前期比38%増の4800億円、税引き利益が25%減の15億円とする従来予想を据え置いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン