/

この記事は会員限定です

宇宙・熱気球…広がる「ご当地部活」 生徒確保にも貢献

[有料会員限定]

宇宙部、サーフィン部、熱気球部――。地方の中学や高校で地域の魅力を生かした「ご当地部活動」が広がっている。郷里への理解や愛着を育み、地元企業や住民との連携を深めるきっかけになっているという。他校の参考例が少ないだけに、生徒の主体的な活動にもつながっている。

「自分が作ったロケットがきれいに打ち上がると、技術の向上が実感できて楽しい」。鹿児島県立楠隼中学2年の米満恭平さん(14)は全国でも珍しい「宇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン