/

この記事は会員限定です

ライブ会場は遊覧船 リアルの灯 絶やすな

コロナと九州・沖縄 第2部 揺れるイベント経済(下)

[有料会員限定]

水上から福岡の街並みを楽しめ、観光客に人気が高い中洲の観光遊覧船。その船上で、シンガーソングライターの石米陽輝さんは、乗客のリクエストを受け、著名アーティストの曲を熱唱していた。12月の寒空、実入りは下船時に乗客が払ってくれる「投げ銭」だけ。それでも石米さんは「人前で歌えるのはここだけ。やはり生のライブがいい」と話す。

新型コロナウイルスの影響で、石米さんの収入は途絶えた。「3密」の象徴となってし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン