/

この記事は会員限定です

長崎77回目「原爆の日」 高まる核の脅威懸念、廃絶訴え

(更新) [有料会員限定]

長崎は9日、77回目の原爆の日を迎えた。爆心地に近い長崎市の平和公園では、午前10時40分から市主催の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。原爆が投下された午前11時2分に合わせて1分間黙とうし、参列者らが犠牲者の冥福を祈った。長崎市の田上富久市長は平和宣言で、ロシアのウクライナ侵攻により核兵器が使われる危機が迫っていることが示されたとして強い懸念を示し、核廃絶を訴えた。

式典には、被爆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン