/

この記事は会員限定です

「中台」緊張身近に、与那国島のいま 地元関係者に聞く

[有料会員限定]

中国が台湾周辺で大規模な軍事演習を展開し、日本の排他的経済水域(EEZ)を含む近海にもミサイルが落下した。日本最西端、台湾まで111キロメートルの位置にある沖縄県の与那国島には日常生活にも有事への心配がにじむ。与那国町の各界関係者が事態をどうみているか聞いた。(聞き手は那覇支局 児玉章吾)

与那国町・糸数健一町長 有事の備え「図上訓練早急に」

――近海へのミサイル着弾に際し、日本の有事への備え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1650文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン