/

この記事は会員限定です

沖縄コンビニ競争、「うちなー」対応カギ 3社長に聞く

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

セブン―イレブン・ジャパンの進出で、沖縄のコンビニ市場は過当競争の懸念が増している。全国では後発エリアでもドミナント(集中出店)でシェアを伸ばしてきたセブン。沖縄ではローカル対応の巧拙が顧客の支持に影響を与える市場特性が浮かんできた。沖縄のコンビニ3社の社長に現在の市場分析と今後の戦略を聞いた。

「全国のおいしいもの提供」セブン―イレブン・沖縄、久鍋社長

――2024年までの5年間で250店の出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません