/

この記事は会員限定です

佐賀発「テント畜舎」に脚光 明るく快適、建設費も軽く

[有料会員限定]

テント倉庫などを手掛ける山口産業(佐賀県多久市)が開発した、屋根や壁に織物でできた膜材を使う「テント畜舎」が注目を集めている。建設費を削減できるほか、採光性がよく家畜の生育や作業性も向上が期待できるとして畜産農家の評価は高い。同社は畜舎に関する建築基準の緩和を追い風に、従来の牛舎に加えて豚舎や鶏舎の開発にも乗り出している。

山口産業は産業用のテント倉庫のほか、新山口駅前のロータリーの屋根など建築...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません