/

TOTO、経産省の健康経営銘柄に選定 7年連続

TOTOは4日、経済産業省と東京証券取引所が共同で従業員の健康管理に戦略的に取り組んでいる企業を選ぶ「健康経営銘柄」に、7年連続で選定されたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか、国内の部長級と課長級の全員が、部下のメンタルヘルスに気を配るための講座を遠隔で受講したことが評価された。

TOTOが2020年11月に開催したウオーキングイベント

TOTOは、健康経営銘柄の仕組みができた初年度から選ばれており、7年連続の選定は同社や花王など6社に限られている。2020年には従業員向けのウオーキングイベントなども開催した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン