/

長崎県、飲食店の時短要請など終了 まん延防止解除で

長崎県は4日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が6日までで解除されることを受け、飲食店に対する営業時間の短縮と酒類提供制限の要請を合わせて終了する。大石賢吾知事は4日の記者会見で「再拡大を招かないよう感染防止対策を継続しつつ、経済活動を再開させる」と述べた。

県は今後、県内での観光キャンペーン再開や事業者に対する新たな支援策、小児へのワクチン接種の推進策などを検討する。

ただ、重点措置が解除された後に新規感染者が増加した県もあることから、県民に対して感染リスクが高い地域との往来を極力控えるよう呼びかける。併せて、会食はコロナ対策をしている認証店を利用し、できるだけ少人数にすることなどを訴えていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン