/

この記事は会員限定です

九州・沖縄の20年M&A、コロナ禍で経営再建型目立つ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大がM&A(合併・買収)市場にも影響を与えている。九州・沖縄企業が関わった資本参加や事業譲渡を含む2020年のM&Aは、事業環境が悪化するなかで出資を受け入れるなど経営再建を目指す案件が目立った。コロナ禍の長期化で先行き不透明感は増しており、事業再編の動きはさらに加速しそうだ。

M&A助言のレコフ(東京・千代田)によると、20年は前年比13%減の189件となった。コロナに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン