/

福岡市、コロナ患者の搬送ルート最適化 量子計算機活用

福岡市は新型コロナウイルス感染者を宿泊療養施設に搬送するための最適ルートを、量子コンピューター技術を活用して導き出す。患者の住居までの所要時間や宿泊施設の空室など複数の条件から、最適な搬送ルートを瞬時に作成できるようにした。感染者数の急増で搬送業務が複雑になるなか、業務の効率化を目指す。

人工知能(AI)ベンチャーのグルーヴノーツ(福岡市)が提供する、AIと量子コンピューター技術を組み合わせたクラウドサービス「マゼランブロックス」を採用した。「搬送患者の数」「住居までにかかる時間」「車両の定員」「宿泊施設の空き状況」など複数の条件を入力すると、量子コンピューターが最適なルートを作成する。

これまでは市の担当者が管轄の保健所から患者情報の連絡を受け、宿泊療養施設の空き情報などをもとに搬送計画を作成していた。新型コロナの変異型「オミクロン型」の感染拡大で感染者数が急増し、搬送対象が1日に数百人規模まで拡大する可能性もあるため、システム導入を決めた。

グルーヴノーツと福岡市は1月、行政事務の効率化や市職員のデジタルトランスフォーメーション(DX)人材育成などで協定を結んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン