/

この記事は会員限定です

4連覇ソフトバンクホークスの憂鬱、観客8割減の爪痕

コロナと九州・沖縄 第2部 揺れるイベント経済(上)

[有料会員限定]

福岡市西区にある居酒屋「勝鷹(かちたか)」。11月25日夜、福岡ソフトバンクホークスの日本一が決まった瞬間、詰めかけたファンがクラッカーを一斉に鳴らして喜んだ。「新型コロナウイルス禍で、試合があることの喜びを実感したシーズンだった」。市内に住む女性ファンは振り返る。

優勝セレモニーの中継が終わり、午後11時になる頃には店内にいた客のほとんどが帰宅した。用意したクラッカーは半分ほどが残った。試合後、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン