/

この記事は会員限定です

豪雨災害多発の九州、ローカル線復旧のあり方も議論に

おさらい九州

[有料会員限定]

九州は豪雨が多発してきた地域だ。梅雨の時期は毎年のように集中豪雨に見舞われ、近年は長時間にわたって1カ所に多量の雨を降らせる「線状降水帯」が大きな被害を出す。被災自治体は復興と防災の両面で取り組みを進めている。人口減の中、被災したローカル線の復旧のあり方も大きな議論になっている。

線状降水帯は次々と発生する積乱雲が列をなし、数時間にわたって同じ場所に強い雨を降らせる気象現象だ。雨の降る地域は長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン