/

福岡・中洲の春吉橋、21年度中に開通 迂回橋も活用

九州地方整備局は3日、福岡市中洲エリアにかかる国道202号「春吉橋」の架け替え工事が、2021年度中に完了すると発表した。同橋は耐震化などを目的に15年度から工事を続けており、現在は「迂回路橋」をかけて通行を確保している。

このほど河川をまたぐ橋梁の基礎部分が完成し、残る工事の工程を精査して年度内の開通が可能だと判断した。現在の迂回路橋は撤去せず、歩行者専用の通路とイベントなどが開催できるにぎわい創出の空間として生かす。春吉橋は九州最大の歓楽街である中洲と繁華街の天神を結び、日中、夜間とも交通量が多い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン