/

三菱地所、博多駅南のオフィスビル竣工 ヤフーが入居

三菱地所と不動産会社の深見興産(福岡市)がJR博多駅(同市)南側で開発を進めてきた「博多深見パークビルディング」が3日、完成した。三菱地所としては福岡市内初のオフィスビルとなる。ヤフーが福岡市内の複数拠点を集約して入居するなど、新型コロナウイルス下でも「オフィス賃貸は好調」という。

建設中の歩行者デッキでJR博多駅とつながる

ビルは地下1階、地上13階建てで延べ床面積は1万2594平方メートル。2階部分に歩行者デッキを設け、雨の日でも博多駅からぬれずに出入りできる。三菱地所は福岡市内で商業施設やホテルを展開しているが、オフィスビルはなかった。担当者は「これを皮切りに博多や天神でオフィスビル開発も拡大していきたい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン