/

この記事は会員限定です

トヨタ九州、AIで不良判定 熟練技能活用 トライアートと

[有料会員限定]

トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)は、高級車「レクサス」を生産する宮田工場(同市)で、人工知能(AI)を使って部品の不良を検知するシステムを開発した。AI開発のトライアート(福岡県飯塚市)と組み、ボンネットなどの部品製造工程で、AIが部品の画像から輪郭や色の濃淡を正確に判別する。熟練工の技能も取り入れ、判別の精度を高める。このほど実証実験を始め、来春まで検証したうえで本格導入を検討する。

AIシステ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン