/

この記事は会員限定です

九州地銀、取引先のDX支援 生産性向上後押し

[有料会員限定]

九州の地方銀行が取引先のデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援サービスを加速している。西日本シティ銀行や肥後銀行が専任チームを設けたほか、先行するふくおかフィナンシャルグループ(FG)は長崎県で2019年にチームを立ち上げてサービスを本格化している。新型コロナウイルス禍で取引先は経理や人事など業務の効率化を迫られている。各行はIT(情報技術)システム導入などを提案し、生産性や収益力の向上を後押しする。

「当行の支援チーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1771文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン