/

この記事は会員限定です

アグリス、透析用医療品の新工場 福岡・筑後で増産

[有料会員限定]

医療用品や農業資材製造のアグリス(福岡県八女市)は、透析で使う医療用消毒製品を生産する工場を新設する。投資額は約20億円で、2023年春の稼働を予定する。高齢化で国内の慢性透析患者数は約34万人(2019年末時点)と、この10年で約2割増えており、需要の拡大に対応する。透析用で培った消毒技術を生かした新商品の開発にも取り組む。

工場は福岡県筑後市内で新設する。一部を3階建てとし、延べ床面積は約8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン