/

この記事は会員限定です

琉球政府時代の証券史 小谷融著

この一冊

[有料会員限定]

本土復帰から50年を迎えた沖縄。金融面では2002年に設けられた金融特区が十分な成果を出せていないなど、課題が残っている。本書は米国統治下でつくられた金融関係の制度が、当時の本土より進歩的な面もあったと評価する。

例えば有価証券報告書の開示。米国の許可をふまえてつくられた制度に基づき、本土復帰前には85社前後が開示していた。背景には米国が株式の大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン