/

福岡女性暴行死で懲役22年 地裁「尊厳踏みにじった」

福岡県太宰府市で2019年、高畑瑠美さん(当時36)を暴行し死亡させたとして傷害致死などの罪に問われた無職、山本美幸被告(42)と無職、岸颯(つばさ)被告(25)の裁判員裁判判決で、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)は2日、「人の尊厳を踏みにじり、生命を奪った」として山本被告に懲役22年(求刑懲役23年)、岸被告に懲役15年(求刑懲役16年)を言い渡した。

岡崎裁判長は「服従させて金銭を搾取する私利私欲目的の犯行」と指摘。「山本被告が中心となり高畑さんを家族から引き離し、虐待を加える状況をつくった」とした上で、岸被告も「その意を酌み激しい暴行を加えた」と指摘した。

両被告は無罪を主張していたが、「互いに責任をなすりつけようとしており、供述は信用できない」と退けた。一方、死体遺棄罪は「遺体を運んだだけで、積極的に隠す行為はなかった」として両被告とも無罪とした。

判決によると、両被告はナイフで高畑さんの太ももを突き刺したり、木刀で殴ったりして19年10月に外傷性ショックで死亡させた。暴行は約1カ月間に及んだ。

両被告には先行審理された恐喝・恐喝未遂罪の量刑も合わせて言い渡された。岸被告には、知人への恐喝事件で別に懲役6月(求刑懲役1年)を言い渡した。

事件を巡っては、高畑さんの死亡前、遺族が実家に近い佐賀県警鳥栖署に何度も相談したが、佐賀県警は事件化などの対応を取らなかった。遺族は第三者委員会での検証を求めている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン