/

5歳児餓死させた疑い、母親ら逮捕 知人女が精神的支配か

(更新)

福岡県篠栗町で昨年4月、衰弱している碇翔士郎ちゃん(当時5)に十分な食事を与えず餓死させたとして、県警は2日、母親の無職、碇利恵容疑者(39)と知人の無職、赤堀恵美子容疑者(48)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕した。

赤堀容疑者は碇容疑者から生活保護費など計約200万円を詐取したとして詐欺などの罪で起訴されている。そのため一家は生活が困窮、碇容疑者の三男、翔士郎ちゃんの死亡につながったとみられる。県警は赤堀容疑者が経済的・精神的な支配で碇容疑者を取り込もうとした疑いがあるとみて捜査している。

逮捕容疑は昨年4月18日、篠栗町のマンションの一室で、翔士郎ちゃんに十分な食事を与えず放置し、死亡させた疑い。碇容疑者は容疑を認めているが、赤堀容疑者は否認しているという。

翔士郎ちゃんは遅くとも3月下旬ごろには低栄養状態に陥り、死亡時の体重は平均の約半分だった。両容疑者らの通報で駆け付けた消防隊員が「呼吸をしていない」と110番した。

2人は数年前に知り合った「ママ友」で赤堀容疑者は部屋を頻繁に訪問。県警は翔士郎ちゃんの健康状態を把握できる立場だったと判断した。

捜査関係者によると、赤堀容疑者は碇容疑者に「夫が浮気している」とうそを言い、離婚訴訟や浮気調査の費用名目で生活保護費や児童手当を詐取。「子どもが太っていたら夫との裁判で養育費や慰謝料が取れない」とも話していたという。

共通の知人を架空の「ボス」と位置付け「ボスが食べ過ぎと言っている。監視カメラで見張っている」などと言い、食事量を制限。一家は赤堀容疑者が差し入れた少量の食事を分け合っていた。碇容疑者は夫と離婚。事件当時、一家は翔士郎ちゃんと兄2人の計4人暮らしで、全員が低栄養状態だったとみられる。

近所の住民から虐待疑いの通報があり、県警は昨年2月、碇容疑者宅を訪問したが、翔士郎ちゃんらに異常は確認されなかった。碇容疑者が子どもを残して外出することもあり、県警は翌3月、児童相談所に通告。児相の担当者は「個別のケースには回答しない」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン