/

この記事は会員限定です

福岡の飲食 生き残りかけ進化、緊急事態宣言延長で

[有料会員限定]

福岡県で緊急事態宣言の延長が決まった。民間調査では県内の飲食店への来店客数は2度目の宣言後、前年同期比8割減に落ち込んでいる。飲食事業者が弁当販売を拡大したり、宅配に特化した業態も登場したりするなど、生き残りをかけて新常態(ニューノーマル)対応を急いでいる。

「今だけの限定弁当ですよ」。JR博多駅(福岡市)の構内で3日午後、男性店員が通行人に声を掛けていた。同駅ビル「JR博多シティ」に入居する10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン