/

九州地区のピッチコンテスト、最優秀賞に建物管理のBPM

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)などはスタートアップが事業モデルを競うピッチコンテストの九州地区大会を福岡市で開き、建物設備管理システムのBPM(東京・渋谷)を最優秀賞に選んだ。大会には集金システムのエンペイ(東京・港)やAI(人工知能)による生産計画作成サービスのRegnio(リグニオ、福岡市)など10社が参加。それぞれ7分間の制限時間でビジネスモデルの特徴や強みを審査員らに説明した。

コンテストはふくおかFGのほか、北海道銀行や岩手銀行七十七銀行、沖縄銀行が共催。全国4地区で予選を実施し、2022年1月に東京都で決勝大会を開く。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン